母子同室した初産婦が感じた、同室のメリット&デメリット

○×の札を手にした白衣の女性の写真産院を選ぶにあたって、母子同室にするかどうか迷っている妊婦さん、いませんか?

初めての出産だと特に悩むと思います。

母子同室については、早めに赤ちゃんのお世話に慣れたほうがいいという意見と、入院中くらいはゆっくり休むべきという意見で分かれますよね。

私は東京の杉山産婦人科で出産し、個室で母子同室を体験しました。初産婦で、今までの人生で新生児には触ったこともないという状態での母子同室です。

実際に母子同室してみて感じたメリット・デメリットをまとめてみました。

ちなみに、母子同室って具体的にどんな1日になるのかは、こちらで詳しくレポートしています。母子同室のイメージをつかみたい人は参考にしてみてくださいね。

母子同室ってどんな感じ?個室で同室した私の詳細レポート≫

スポンサードリンク

母子同室のメリット

私が母子同室して感じたメリットは次のとおり。

  • 産後の生活の予習・シミュレーションになる
  • 自分のペースで授乳ができる

なんといっても、退院後の赤ちゃんのお世話の予習ができる、この一言に尽きます。

私は里帰りなし、実家・義実家の産後ヘルプなしで出産したので、はたして自分に新生児の面倒なんて見られるのか、産後ってどれくらい忙しいのか、家事と育児を両立できるのかといったことが、出産前にすごく不安だったんですよね。

赤ちゃんを抱っこしたことすらなかった私にとっては、母子同室は授乳やおむつ交換はもちろん、赤ちゃんを触ることの良い練習になりました。

出産前はグニャグニャの新生児なんてお世話するの無理ー!と怖かったのですが、同室して一緒に過ごしてみると、赤ちゃんてそこまでフニャフニャなわけじゃなく、意外と雑に扱っても大丈夫なんだと安心したり。

私が入院していた杉山産婦人科では、母子同室のスケジュールは特に決まったものはなく、好きな時に同室して、好きな時に預けてOK、母乳とミルクも好きなようにあげて良いという自由なスタンスでした。

授乳やおむつ交換のペースは記録表に付けていて、助産師さんが定期的にチェックとアドバイスをくれます。

赤ちゃんと一緒の時間を自由に過ごせて、かつ困った時はいつでも新生児室に預けるか、助産師さんに相談できるという、とても安心感のある環境でした。

おかげで疲れ過ぎることなく、適度に産後の生活がイメージできたので、母子同室にして良かったと思っています。

スポンサードリンク

母子同室のデメリット

では次に、母子同室のデメリット。これはもうお察しのとおり、次の1点ですね。

  • 眠れない、体力を回復できない

同室中は赤ちゃんと2人きりになるので、終始赤ちゃんのペースで過ごすことになります。

昼夜関係なく2~3時間おきの授乳におむつ交換、育児に慣れない中でいきなり泣かれる…など、当然ながら、あまりゆっくりは眠れません。

私は無痛分娩で産後の消耗が少なかったのと、預けたい時は好きなだけ赤ちゃんを預けてOKという産院だったので、出産翌日からの母子同室もあまり負担には感じませんでした。

杉山産婦人科での無痛分娩体験記はこちら≫

でも、産後のママの状態や産院の方針によっては、体力的に相当しんどいことになるのではと思います。特に夜間預けられない産院や、母乳育児を徹底する産院だと、まともに眠れない可能性も。

同じ母子同室でも、自分の好きな時間や夜間に赤ちゃんを預かってもらえるかどうかで、かなり入院生活に違いが出ます。

母子同室の産院・病院を選ぶ時は、あらかじめ同室スケジュールや授乳方針についても確認しておいたほうがいいと思います。

母子同室のメリット&デメリットまとめ

母子同室のメリットとデメリットをまとめると、こんな感じ。

  • メリット … 産後の育児生活の予習ができる
  • デメリット … 眠れず産後の疲労が回復しない

個人的な感想として、赤ちゃんとまったく接した経験のない初産婦の私にとっては、母子同室はメリットのほうが大きかったです。

同室なしで自宅に戻っていたら、たぶんかなりアタフタしたと思うので…。

授乳やおむつ交換、沐浴、調乳(ミルクの作り方)など、育児に最低限必要なことは入院中にどこの産院でも指導してくれますが、全部付きっきりや実地で教えてくれるわけではなく、最初の1回を教わるだけだったり、ごく簡単な説明を聞くのみで終わるものもあります。

そのまま退院していたら、自分1人で赤ちゃんのお世話ができるか不安でしょうが、同室中に何度もお世話の練習ができたことで、少し余裕ができました。

実際に赤ちゃんと接してみて起こるトラブルや心配事も、いつでも助産師さんに相談できましたしね。

ただ、入院期間中ずっと24時間体制で母子同室だったとしたら、かなりキツかっただろうと思います。母子同室のメリットを享受できたのは、好きな時に預けられる産院だったからこそ。

夜ゆっくり眠れるか、眠れないかは産後の回復にかなり大きな影響があるので、これから産院を決める妊婦さんで母子同室を迷っているなら、夜間の預かりをしてくれるかどうか、確認しておくことをおすすめします!