妊婦の飲み物FAQ:妊娠中にノンアルコールビールを飲んでもいい?

テーブルに置かれたビールジョッキの写真妊娠中にアルコールがご法度なのは周知の事実。

でも、酒好きの妊婦にとって、1年近く禁酒するというのは、なかなかしんどいものです。

毎晩の晩酌が半ば趣味のようになっていた我が家にとっても、お酒の飲めない食卓はちょっと味気なく、なんだか物足りない…。

お酒を飲んでる気分だけでも味わいたい、ということで手を出したのが、最近続々と登場しているノンアルコールビール。

でも、ノンアルコールビールって本当に妊娠中に飲んでも大丈夫なんでしょうか?

見た目も味も、あまりにもビールに近いだけに、ちょっと心配になっちゃう妊婦さんもいるはず。

というわけで…妊娠中にノンアルコール・ビールを飲んでも影響はないのかどうか、調べてみました。

スポンサードリンク

ノンアルコールビールのアルコール濃度は本当にゼロ?

ノンアルコールビールは、本当にアルコールを含まないのか?

まずは「ノンアルコール」という言葉の意味するところいついて見てみましょう。

日本の酒税法では、アルコールが1%未満の飲み物はお酒ではないことになっています。

アルコール0.5%の飲み物はアルコールゼロではないですが、商品としてはノンアルコール飲料として販売されるってことですね。

含有量としてはごく微量だとしても、大量に飲めば酔っ払う可能性もあるわけです。

ノンアルコールビールって言ってるのに、実際にはアルコールが入ってる。

これについては、ノンアルコールビールが登場した2000年代頭に問題視されたことがあり、公正取引委員会から関連団体に、表示の適正化の要望が出されました。

それを背景に、現在はビールテイスト飲料という言い方が使われたり、缶にでっかくアルコール濃度が記載されたりするようになっています。

私も、妊娠してからよくノンアルコールビールを買うようになったんですが、0.00%って大きく缶に書かれてますよね。

わざわざ小数点以下まで書いているのは、酒税法上、アルコール濃度1%未満の場合は少数点を四捨五入することが許可されているから。

アルコール0.2%のものを、0%と記載することもできちゃうのです。でも、これだと妊婦や車の運転をする人にとっては何とも紛らわしく、安心して飲めません。

そのため、本当にアルコールゼロであることを伝えるために、最近のノンアルコールビールは「0.00%」という数字が強調されています。

スポンサードリンク

0.00%表記のノンアルコールビールなら、妊娠中でも問題なし

というわけで…0.00%表記のあるノンアルコールビールならアルコールは一切入っていないので、妊婦が飲んでもまったく問題ありません。

サントリー、オールフリーのFAQコーナーにも、妊婦が飲んで大丈夫かという質問に対し、次のような回答があります。

  • アルコール0.00%なのでアルコールによる影響はありません。ビールテイストの清涼飲料です。

ちょっと注意が必要なのは、外国産の輸入ノンアルコールビール。

欧米ではアルコール濃度0.5%未満の飲み物はノンアルコール扱いになるので、ノンアルコールと書いてあっても、商品によってはアルコールが含まれている可能性も。

飲んでしまったアルコールの影響を取り消すことはできないので、知らずに飲んでしまうと、人によっては後から「妊娠中なのにお酒を飲んでしまった」というストレスに苦しむことにもなりかねません。

よっぽど大量に飲まない限り問題はないはずですが、輸入物のノンアルコールビールを買う時や、レストランでノンアルコール飲料を頼む時には注意したほうがいいかもです。

妊娠中、長らくお酒を飲めないのは辛いですが、0.00%のノンアルコールビールを上手に使って、気分だけでも味わっていきましょうね。