妊婦の飲み物FAQ:妊娠中に緑茶を飲んでも大丈夫?

湯のみに入った緑茶の写真茶葉から作られるお茶には、すべてカフェインが入っています。

ということは、当然、緑茶もカフェイン入り。

妊娠中にカフェインを控えるというと、どうしてもコーヒーの印象が強いですが、実は緑茶も要注意なんですよね。

緑茶に含まれているカフェインの量はどれくらい?
妊婦は1日に何杯なら緑茶を飲んでもOK…?

妊娠中の緑茶の飲み方についてまとめました。

スポンサードリンク

緑茶のカフェイン含有量は、200mlあたり約40ml

緑茶のカフェイン含有量は、100mlあたり約20mg。

湯呑みで飲む場合は1杯約20mg、マグカップで飲む場合は1杯約40mgってところでしょうか。

マグカップ1杯のコーヒーに含まれるカフェインは約100mgあるので、コーヒーに比べれば緑茶はカフェイン少なめですね。

スポンサードリンク

妊婦は1日に何杯まで緑茶を飲んでOK?

マグカップを手に笑顔の女性の写真妊娠中に飲んでも問題ないカフェイン量は、1日に200~300mgとされています。

関連記事)
妊娠中にカフェインNGな詳しい理由。カフェインが胎児に与える影響って?≫

湯呑み=100ml、マグカップ=200mlとして考えると…

妊婦が1日に飲んでもOKな緑茶の量は、湯呑みなら10~15杯、マグカップなら5~7.5杯という計算。

けっこう飲んでも大丈夫なもんですね。

妊娠に関わらず毎日この量の緑茶をMAXまで飲むという人はいないと思いますし、毎日2~3杯の緑茶を飲むくらいなら、まず問題ないと言えるんじゃないでしょうか。

玉露はものすごくカフェイン量が多い!

茶畑の写真同じ緑茶でも、妊娠中はちょっと注意が必要なのが玉露です。

玉露は光に当てずに育てた茶葉で作る、高級緑茶。

日光に当てない分、通常の緑茶とは成分が少し違っていて、カフェイン含有量も違います。

玉露のカフェイン量は、100mlあたりなんと120mg!マグカップ1杯(200ml)だと240mgなので…

玉露に含まれるカフェインはコーヒーの約2倍、緑茶の約6倍もの量に。コーヒーをも凌ぐ、相当なカフェイン量なのです。

これだと軽く1~2杯飲んだだけでも、妊婦の1日のカフェイン摂取量目安を超えかねません。

妊娠中に玉露を飲む時には、飲む量に気をつけてくださいね。