妊婦の飲み物FAQ:妊娠中に栄養ドリンクって飲んでもいいの?

栄養ドリンクを飲んでいる人の写真つわりが辛い、貧血がしんどい。

でも、赤ちゃんのためにも栄養は摂らねば…。

そんな時、栄養ドリンクってどうなんだろ、と思ったことないですか?

食欲がなくてもゴクッと飲めるし、栄養補給にはいかにもぴったりな気がする。

でも、栄養ドリンクって医薬品や医薬部外品なので、妊娠中に飲んで変な影響がないか気になりますよね。

赤ちゃんが目ギンギンに冴えちゃって眠れなくなったりしないかとか…。

妊娠中に栄養ドリンクを飲んでもいいのかどうかについて、解説します。

スポンサードリンク

妊婦が栄養ドリンクを飲んでも問題はなし!ただしカフェイン量にはご注意を

基本的には、妊婦が栄養ドリンクを飲んでも問題はありません。

栄養ドリンクによっては「妊娠中・授乳中の栄養補給に」という記載があることも。栄養ドリンクを買う時に、念のためラベルを確認しておくといいですね。

栄養ドリンクの成分が胎児に影響するということはないので、安心してゴクっと行ってください。

ただし、ちょっと気をつけておきたいのがカフェインの量。

商品によりピンキリではありますが、栄養ドリンクには多量のカフェインが含まれているものもあります。

妊娠中のカフェインは絶対に摂ってはいけないわけではありませんが、世界的には1日200~300mlまでが上限の目安とされています。

関連記事)
妊娠中にカフェインNGな詳しい理由。カフェインが胎児に与える影響って?≫

カフェイン=コーヒーのイメージが強いですが、実は栄養ドリンクにも、けっこうカフェインって入ってるんですよ。

日本の栄養ドリンクならそんなに問題はないですが、エナジードリンクと呼ばれている海外の栄養ドリンクは、1本で200mg以上のカフェインが含まれていることも珍しくありません。

例えばMONSTER ENERGYシリーズは1本で160mg、bangエナジードリンクシリーズには1本で375mgものカフェインが含まれています。

あまりいないとは思いますが、ちょっと変わった栄養ドリンクが好きな妊婦さんは、飲み過ぎないように気を付けるか、飲むドリンクの種類を変えるなどしたほうが安心です。

参考までに、市販のメジャーな栄養ドリンクのカフェイン量をあげておきますね。

  • オロナミンC … 18mg
  • リポビタンD … 50mg
  • レッドブル … 80mg
  • ユンケル … 50mg
  • デカビタC … 50mg

1本でカフェイン50mgの商品が多いですね。栄養ドリンクは1日1本が基本なので、1本飲むだけなら、妊娠中でも特に気になるカフェイン量ではありません。

女性向けの栄養ドリンクはノンカフェインの商品も多いので、カフェインが気になる場合には、そうしたノンカフェインのタイプを選ぶと良いかと。

女性向けドリンクはノンカフェインに加え低カロリーなので、妊娠中でも飲みやすいと思います。

でも、栄養ドリンクはあくまでも普段の食事の補助的なもの。

体重管理のために栄養ドリンクだけで食事を済ませようとしたり、1日に何本も飲むようなことは避けましょう。

体調が悪い時や、食事の栄養バランスが気になる時などのポイントポイントで、上手に活用してくださいね。

スポンサードリンク

[PR]妊娠中も使える!敏感肌ブランド美白コスメのお試しセット

【妊婦向け美白訴求】サエルトライアルセット
妊娠中も使える、敏感肌用の美白コスメ。安心のポーラ・オルビスブランドで、使い心地もとっても良くおすすめです♪