妊婦のチーズFAQ:妊娠中にベイクドチーズケーキを食べてもいい?

ベイクドチーズケーキの写真妊娠中にチーズを食べてはいけないと聞いて、大好きなベイクドチーズケーキも食べちゃだめなのか?

はたまた、もう食べちゃったけどもしかしてマズかった?

…と、焦っている妊婦さんはいないでしょうか。

でもまずはご安心ください。

妊娠中にベイクドチーズケーキを食べたって、赤ちゃんには何の問題もありません。

もちろん食べ過ぎてカロリーやら糖質やらを摂り過ぎるのは問題ですが、ベイクドチーズケーキという食べ物自体がダメってことはないですから大丈夫です。

でもじゃあなんで、妊婦はチーズケーキを食べちゃいけないなんて噂が流れるのか。

これ、デタラメな話ではなく、根拠はちゃんとあるんです(誤解もありますけど)。

どうして食べたらいけないチーズがあるのか、どうしてベイクドチーズケーキは大丈夫なのか?そこのところをちょっと補足していきます。

スポンサードリンク

妊娠中、加熱していないナチュラルチーズは避けたほうがいい

thum_247チーズには、ナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類があります。

何が違うのかというと、菌が生きているかどうか。

ナチュラルチーズは菌が生きていて、熟成が続いています。

プロセスチーズはナチュラルチーズを加熱して作るものなので、加熱過程で菌が死滅して、熟成は止まっています。

そして、妊娠中に問題になるのはナチュラルチーズのほう。菌が生きているほうですね。

ナチュラルチーズには生きた菌が含まれていますが、時々ここに、リステリア菌という食中毒菌が付くことがあります。

妊婦がリステリア菌に感染すると、胎盤を通じて胎児にも感染し、流産や早産を引き起こすリスクがあります。

衛生環境が整った日本では、リステリア菌による食中毒は非常に稀であり、感染の可能性も低いものですが、万が一ということもありえます。

だから、リスクのある食べ物は妊娠中は避けましょう、ということなのです。

スポンサードリンク

ベイクドチーズケーキは焼いてあるから大丈夫

そんな恐ろしいリステリア菌ですが、熱に弱いという弱点があります。

ナチュラルチーズであっても、焼いてしまえば大丈夫。

オーブンで焼き上げるベイクドチーズケーキなら、ナチュラルチーズをたっぷり使っていても、リステリア菌に感染する心配はありません。

妊娠中だからといって、すべてのチーズがNGというわけではないんですよ。ベイクドチーズケーキは安心して食べてOKです。

同じチーズケーキの仲間でも、ちょっと気をつけたほうがいいのはレアチーズケーキやティラミス。非加熱のナチュラルチーズを使っている可能性があります。

食べてリステリア菌に感染する可能性は非常に低くはありますが、絶対にゼロとは断言できません。

関連記事)
妊婦のチーズFAQ:妊娠中にレアチーズケーキを食べてもいい?≫

妊婦のチーズFAQ:妊娠中にレアチーズケーキを食べてもいい?≫

妊娠中って、些細なことでも気になったり、不安になったりしてしまうので、精神衛生的な意味でも、避けたほうがいいのかも。

食べた後で体調が悪くなったりしたら、あの時レアチーズケーキを食べたせいじゃ…なんて考えちゃいますからね。

妊娠中にチーズケーキが食べたい時は、ベイクドチーズケーキを選べば安全です。

ただし、食中毒は大丈夫でもカロリーや糖分の問題はあるので、くれぐれも食べすぎには気をつけてくださいね。