妊婦の風邪の対処法。風邪薬の使用や治し方はどうするの?

こめかみを手で押さえてうつむいている女性の写真薬の使えない妊娠中は、風邪は引きたくないものです。

でも、妊婦のそんな思いとは裏腹に、妊娠中って免疫力が落ちていて、いつもより風邪を引きやすいんですよね…。

もし妊娠中に風邪を引いたら、治し方はどうするの?
妊婦でも飲める薬ってある?

妊婦の風邪の対処法についてまとめました。

スポンサードリンク

妊婦の風邪は、安静にして自然治癒を待つのが基本

ベッドで寝ている女性の写真約10ヶ月のマタニティライフ、妊婦さんが風邪を引いてしまうのは、決して珍しいことではありません。

発熱で羊水に影響があるのでは…
咳をした衝撃で赤ちゃんが苦しくなるのでは…

と、いろいろ不安になってしまうと思いますが、妊娠中に風邪を引いても、それがお腹の赤ちゃんの発育に影響するということは基本的にはありません。

もし風邪を引いてもあまり焦らず、自分の体を治すことを考えてくださいね。

妊婦の風邪の治療は、安静にして自然治癒を待つのが基本方針。

後ほど詳しく触れますが、市販の風邪薬は胎児に影響する可能性もあるので、自己判断での薬の服用は厳禁です。

消化の良い食事とたっぷりの睡眠で、体をゆっくりと休ませてあげましょう。

スポンサードリンク

妊婦の風邪治療、病院へ行くときはかかりつけの産婦人科へ

妊婦の風邪の治し方は、自然治癒が基本。

ただし、40度近い高熱が続いたり、日常生活に支障をきたすレベルの症状が出ている場合は、迷わずすぐに病院へ。

この時、何科に行けばいいか悩むかもしれませんが、まずは妊婦健診で通っている、かかりつけの産婦人科に行くか、電話で問い合わせて指示を仰ぎましょう。

産婦人科であっても、妊婦健診しかしてくれないわけではありません。妊娠中の風邪の治療にも対応してくれますし、症状を聞いたうえで、近くの内科や耳鼻科の受診を勧められることもあります。

妊娠中は薬は絶対に使えないと思って、苦しくても我慢してしまう妊婦さんがいますが、妊娠中でも使える安全な風邪薬だってあるんですよ。

母体の健康=赤ちゃんの健康ですから、本当に辛いと思ったら、無理せず病院に相談しましょう。

妊娠中の風邪薬の服用について

たくさん積まれた薬のシートの写真妊娠中は、できる限り薬の服用を避けるのが基本ですが、かといって絶対に薬を使えないわけではありません。

厚生労働省のガイドラインでは、妊娠中に薬を服用してもよいとされるのは、妊娠4ヶ月目以降から。

妊娠4ヶ月目以降では、胎児の体全体が出来上がっているため、薬が胎児の発達に影響する可能性がグッと下がるのです。

でも、妊娠4ヶ月を過ぎていたとしても、市販の風邪薬を自己判断で飲むのは危険。

市販の風邪薬や解熱剤には、妊婦には禁忌とされる成分が含まれていることもあります。必ず、病院で処方薬を出してもらうようにしましょう。

風邪の症状に応じて、妊婦への安全性が高い薬や漢方薬を処方してもらえますよ。