妊娠中のアルコールはどれくらい危険?胎児に与える影響とは

赤ワインを飲んでいる女性の写真妊娠中に飲んだり食べたりしてはいけないものはいろいろありますが、筆頭にあげられるのはアルコール。

たくさんは食べないほうがいいよね、という確率論的なものではなく、リスクがあることが明らかなので、産婦人科でもお酒は控えるように指導されるはず。

ただ、妊娠中にアルコールが良くないのはなんとなくイメージできますが、具体的に何がどう危険なのかは、あまり説明されませんよね。

妊娠中にお酒を飲むと、胎児にどんな影響があるのか?
いったいどれくらい危険なものなのか…?

妊娠中にアルコールを摂取してはいけない、具体的な理由を解説します。

スポンサードリンク

妊娠中にお酒を飲むと、胎児性アルコール症候群のリスクがある

新生児の手と口元の写真母体が摂取したアルコールは、胎盤を通じて赤ちゃんにも届きます。

大人にとっては少量のアルコールだったとしても、まだ小さい赤ちゃんにとってはけっこうな量。

しかも、消化器官が未熟な赤ちゃんは、まだ自分でアルコールを排出することができません。

そのため、妊娠中にお酒を飲むと、赤ちゃんが胎児性アルコール症候群という先天性の病気になってしまう可能性があります。

胎児性アルコール症候群の症状は、大きく次の3つ。症状の重さは、妊娠中のアルコール摂取量や期間によって変わり、重度の場合は知的障害を伴うこともあります。

  • 通常よりも体が小さく成長が遅い、発育不全
  • ADHDや学習障害など、中枢神経の異常を原因とする行動障害・発達障害
  • 目が小さい、唇が薄いなど、顔の各パーツが全体的に小さく平たくなる、特徴的な容貌
スポンサードリンク

胎児性アルコール症候群は、アルコールさえ摂取しなければ100%予防できる

水面に落ちる水滴と波紋の写真胎児性アルコール症候群の発症には、母親の年齢や体質など複数の要因が影響します。

同じ量のアルコールを摂取しても、赤ちゃんが胎児性アルコール症候群になる確率や症状の程度は、人によって異なります。

ただ、確実にわかっているのは、妊娠中に母体がアルコールの摂取をしなければ、胎児性アルコール症候群は100%予防できるということ。

お酒を少しでも飲んでしまえば、わずかとはいえ胎児性アルコール症候群のリスクが発生することは間違いありません。

コップ1杯程度であれば、妊娠中にお酒を飲んでもかまわないとする意見もありますが、少量の飲酒で胎児性アルコール症候群が発症した事例もあり、どの程度なら安全だという基準は未だ明らかになってはいません。

胎児性アルコール症候群の予防という観点で言えば、やはり妊娠中のアルコールは控えるべきでしょう。

もし妊娠中にお酒を飲んでしまったら…?

残念ながら、飲んでしまったアルコールを取り消す方法はありません。

すでに飲んでしまったお酒の影響をなくす手立てはないので、気付いた時点で飲酒を止めることが、リスクを最小限に留める唯一の方法です。

知らずにアルコールを摂取してしまった場合にはもうしょうがないですが、妊娠を自覚してからの飲酒は、たとえ少量であってもリスクを伴うことを十分に理解しておきましょう。